夏雲ひまわり

同人サークル「夏雲ひまわり」の情報、日記など・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

広島旅行(後編)

こんにちは

前回の記事の続きです。前回の記事を読んでいない方は読んでみてください。

さて、今回は「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」と「大和ミュージアム」について書きたいと思います。

まず海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)では、潜水艦と掃海についての展示がされています。また、退役した潜水艦「あきしお」が展示されており、中に入って見学もできます。

掃海についての展示フロアには実際に使われていた機材なども展示されており、右の写真の奥にある浮きは機雷の爆発によって凹んだものらしいです。
機雷についても解説されていて、ざっと読んだだけではありますが恐ろしい兵器だと思いました。機雷にしても地雷にしても使う側からすれば比較的安くお手軽に高い効果を得られる便利な兵器なのでしょうが、なんとなくこういう兵器ってあんまり好きではありませんね。後始末も面倒くさく、未だに大戦中の機雷が発見されたりするからね。カンボジアとかも地雷の被害が多いって聞くし。

2 2.jpg
↑(左から)潜水艦「あきしお」、掃海の時に使用する浮き

さて、潜水艦の展示フロアでは、潜水艦での生活などについての展示がしてあります。写真左のよう潜水艦で使用している3段ベッドに寝てみることもできます。分かってはいたけど、めちゃくちゃ狭いです。閉所恐怖症の人は冗談抜きで死ぬほど辛いと思う・・・。
そして潜水艦「あきしお」の中へ。入ってすぐに仕官便所と仕官シャワー室がありました。潜水艦なんてスペースが限られた所でも仕官と部下ではちゃんと別々なんですね。ビックリしました。自衛隊なんかは上下関係すごく厳しいだろうから仕方ないんだろうけど、トイレとシャワー共有すればスペースも余裕ができるんじゃないかと素人ながらに思ってしまう。
更に奥に進むと潜望鏡も覗けました。ここが一番テンション上がりましたね!外に停泊している船とかが結構はっきり見えました。

3.jpg 4.jpg
↑(左から)3段ベット昼ライト、3段ベット夜ライト、潜望鏡とそこから見えた輸送艦「しもきた」

本物の潜水艦の中を見学できる所はなかなか無いと思うので、機会があれば一度行ってみてはどうでしょう。入場無料でディズニーランドより楽しめます。


さて、次は大和ミュージアムです。

大和ミュージアムは、名前の通り戦艦大和についての展示をメインに、その他戦前から戦後の呉の様子などが紹介されています。また、航空機や魚雷などの大型の展示もあります。
まず入ってすぐ10分の1スケールの大和の模型が展示してあります。とても精巧にできていて在りし日の大和の雄姿を見ることができます。その横には戦艦長門の軍艦旗が展示してあります。長門も呉で建造されましたよね。この軍艦旗は俳優の石坂浩二さんが寄贈されたもののようです。

y1.jpg y2.jpg
↑(左から)戦艦「大和」1/10の模型、戦艦「長門」の軍艦旗


大型の展示には有名な特攻兵器の回天も展示してあります。
どんなに追い詰められた状況であっても、このような必死の兵器が使われたというのはとても残念に思います。今後、このような兵器が使われることが無ければいいですね。

ミュージアムの外には戦艦陸奥の主砲やスクリューが展示されていて、その大きさにビックリされると思います。私も行く前に写真で見ていましたが、実物を見て大きさにビックリしました。
以前、三笠の30cm砲を見た時もかなり大きいと感じましたが、41cm砲ともなると信じられない位大きかったです。大きすぎて写真を撮るのも大変でした。

y3.jpg y4.jpg
↑(左から)零式艦上戦闘機六二型と特攻兵器「回天」十型、戦艦「陸奥」41cm主砲身

大和ミュージアムでは2016年1月31日まで「日米最後の戦艦展~戦艦大和とミズーリ~」という特別企画展を開催しています。この機会に是非一度大和ミュージアムへ。こちらは特別企画展と合わせて800円かかりますが、この値段でUSJより楽しめます。

この「てつのくじら館」と「大和ミュージアム」は全力疾走で1分以内の非常に近いところにあるので、午前中から出かけて一日で両方回るのが良いと思います。呉の駅からも近いので便利です。

長々と長文失礼しました。最後まで読んでくださった方ありがとうございます。小学生並みの感想ですが、この広島旅行とても楽しかったです。機会があればまた行ってみたいですね。

それでは
スポンサーサイト
  1. 2015/10/14(水) 00:19:26|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島旅行(前編)

こんにちは

先日、引退を表明した中日の山本昌が、1、2日の広島戦のマツダスタジアムで登板するかもしれないという記事を見て、現役最後の登板を見ておこうと思い、思い切って広島まで行ってきました。
そのついでと言ってはなんですが、広島には行ってみたかったところがたくさんありいろいろと観光してきましたので、それらのことについて書きたいと思います。

まず最初にマツダミュージアムに行ってきました。

マツダミュージアムはマツダの歴史や製造してきた車、車ができるまでの過程などが紹介されています。それと工場内の生産ラインの見学もできます。
※見学中はガイドさんが案内をしてくれます。つまり自由に好きなだけ見て回るということはできません。それと見学には予約が必要なのでご注意を。

さて、見学は日本語での案内と英語での案内の2種類あり、当然私は日本語での案内に参加したのですが、意外にも参加した30~40人のうち半分くらいは外国の方でビックリしました。日本語分かるのかな?それとも通訳がいたのかな?

エントランスホールには現行のマツダの車両が展示されていて、特に新型ロードスターには外国の方の人だかりができていてかなり人気がありましたね。どこの国から来たのか分かりませんが、外国でもロードスターは好評なようです。


↑なるべく人がいない時を見計らって撮ったロードスター

それとマツダの名車といえばいろいろ意見が分かれるでしょうが、個人的にはこのコスモスポーツです。かなり昔の車ですが今見ても格好いいですね。今でも全国で100台くらいが元気に走っているらしいですよ。マツダミュージアムには半分くらいこれ目的で行きました。一度は乗ってみたい車の一つです。


↑世界初の量産ロータリーエンジン搭載車 コスモスポーツ
 
さて次は広島へ行った主目的である山本昌の引退登板の観戦ですが、プロ野球ファンの方々はご存知かもしれませんが、1日の試合が雨で中止となってしまったため、山本昌の引退登板が10月の7日になってしまいました・・・。
私は何のために広島に行ったんだと・・・。(広島旅行自体はすごく楽しかったですが・・・)

まぁ、2日の試合では広島の先発マエケンだったので、その点は良かったですね。今季で引退する谷繁へのの花束贈呈も見れたし。

でももう一つ残念だったのが、ファンの方で東出のユニフォーム着てる人が一人もいなかったことですね。確かに最近一軍の試合出てないけど、広島では東出が一番好きなので寂しい気持ちになりますね。グッズショップにも東出の商品ほとんど無いし・・・。

  
↑(左から)マツダスタジアム、花束贈呈、マエケン

長々と文章書いてすいません。読んでくださった方ありがとうございます。

さて、内容が多すぎて一度では書ききれないので、この記事を前編とし後編は後日書きます。

それでは
  1. 2015/10/06(火) 18:33:22|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。